メディア・論文

著書

卯田健
脳神経外科エキスパート 脳動脈瘤 (編集 宝金清博)
椎骨脳底動脈瘤
中外医学社 東京 2009年 P203-216
卯田健 竹本光一郎
NS NOW 初歩から学ぶ脳血管内手術 エキスパートからのアドバイス(担当編集委員 塩川芳昭)
頸動脈狭窄 ハイリスク症例、合併症回避
メジカルビュー社 東京 2010年 P234-237
卯田健、矢坂正弘
頸動脈ステント留置術 Carotid Artery Stenting(CAS)のすべて
経口腔頸部血管超音波検査法
メジカルビュー社 2008年 P234-237
著書

英語論文

An evaluation of the Physical Properties of Current Microcatheters and Guidewires -The Development of the “Catheter-glide Approach”in Response to Weaknesses of Current Materials
Ogata N, Goto K, Uda K  Interventional Neuroradiology 3 : 65 – 80, 1997.
Embolization of Cerebral Arteriovenous Malformations [AVMs] -Material Selection, Improved Technique, and Tactics in the Initial Therapy of Cerebral AVMs-
Goto K, Uda K, Ogata N  Neurologia medico-chirurgica Supplement 38 : 193 – 199, 1998.
Embolization of Cerebral Aneurysms Using Guglielmi Detachable Coils -Problems and Treatment Plans in the Acute Stage after Subarachnoid Hemorrhage and Long-term Efficiency-
Uda K, Goto K, Ogata N, Izumi N, Nagata S, Matsuno H  Neurologia medico-chirurgica
38(3) : 143 – 154, 1998.
Diagnosis and Endovascucular Treatment of Vertebral Arteriovenous Fistulas in Neurofibromatosis Type1
Hori Y, Goto K, Ogata N, Uda K  Interventional Neuroradiology 6 : 239 – 250, 2000.
Hearing Restoration from Deafness after Resection of a Large Cerebellopontine Angle Meningioma-Case Report-
Katsuta T, Inoue T, Uda K, Masuda A  Neurologia medico-chirurgica 41(7): 352 – 355, 2001.
Cutaneous Necrosis after Superficial Temporal Artery-to-Middle Cerebral Artery Anastomosis:Is It Predictable or Avoidable?
Katsuta T, Inoue T, Arakawa S, Uda K  Neurosurgery 49(4): 879- 884, 2001.
Endovascular treatment of basilar artery trunk aneurysms with Guglielmi detachable coils:
clinical experience with41 aneurysms in 39 patients
Uda K, Murayama Y, Gobin YP, Duckwiler GR, Vinuela F  J. Neurosurg 95: 624 – 632, 2001.
Combined Endvascular Treatment for Both Intracranial Aneurysm and Symptomatic Vasospasm
Murayama Y, Joon KS, Uda K, Gobin YP, Duckwiler GR, Tateshima S, Patel AB, Martin NA, Vinuela F  AJNR Am J Neuroradiol 24 : 133 – 139, 2003.
Primary intraventricular hemorrhage from dural arteriovenous fistula
Irie F, Fujimoto S, Uda K, Toyoda K, Hagiwara N, Inoue T, Okada Y
Jounal of the Neurological Sciences 215: 115 – 118, 2003.
Three Fatal Cases of Rapidly Progressive Infective Endocarditis Caused by Staphylococcus Aureus – One Case with Huge Vegetation –
Miyata E, Satoh S, Inokuchi K, Aso A, Kimura Y, Yokoyama S, Mori E, Nakamura T, Matsumoto T, Fujino Y, Kishihara Y, Uda K, Takemoto K, Inoue T, Nakayama S, Kobayashi R, Uesugi N, Hiyamuta K  Circulation Journal 71(9) : 1488 – 1494, 2007.
Combined and Staged EndoVascular Recanalization of Cervical and Intracranial Arteries in Hyperacute Ischemic Stroke
Toyoda K, Uda K, Shirakawa A, Yasumori K, Nakamura K, Inoue T, Okada Y
Internal Medicine 46 : 1935- 1936, 2007.
Charactaristic Sonographic Findings of Early Restenosis after Carotid Endarterectomy
Makihara N, Toyoda K, Uda K, Inoue T, Gotoh S, Sfujimoto , Yasumori K, Ibayashi S, Iida M, Okada Y  J Ultrasound Med 27 : 1345 – 1352, 2008.
Postoperative evaluation of changes in extracranial-intracranial bypass graft using superficial temporal artery duplex ultrasonography.
Nakamizo A, Inoue T, Kikkawa Y, Uda K  AJNR Am JNeuroradiolo 30:900-905,2009

邦文論文

内頚動脈血栓内膜剥離術周術期における塩酸ジルチアゼムを用いた血圧管理ー脳・心臓合併症予防を目的としてー
卯田健、井上亨、勝田俊郎、岡田靖、尾前豪、鍵山智子、小柳左門、川内義人  臨床と研究 75(5) : 210 – 216,1998.
頸動脈病変を伴う全身性動脈硬化症:Systemic vascular disease YY(SVDYY)症候群の診断と治療方針
一ツ松勤、井上亨、卯田健、岡田靖、鴨打正浩、荒川修治、古山正人  脳神経外科速報 12(3) : 187 -190, 2002.
頭蓋内硬化性高度狭窄病変に対するステント治療
卯田健、井上亨、一ツ松勤、安森弘太郎、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 12(2) : 111 – 116, 2003.(脳神経外科ジャーナル映像化奨励賞受賞)
超音波造影を用いたtranscranial color-coded duplex sonographyによる動脈瘤の検出
藤本茂、井上亨、鴨打正浩、松尾龍、今村剛、米倉隆雄、卯田健、一ツ松勤、豊田一則、安森弘太郎、 岡田靖  脳神経外科ジャーナル 12(3): 179 – 184, 2003.
舌咽神経痛に対する神経血管減圧術ー術前診断法,原因圧迫血管,顆窩経由法と手術成績ー
松島俊夫、井上亨、卯田健、一ツ松勤、冨永昌宗、中嶋保則、十時忠秀  ペインクリニック 24(12) : 1641 – 1647, 2003.
超音波造影を用いたtranscranial color-coded duplex sonographyによる未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術前後の評価
藤本茂、井上亨、豊田一則、卯田健、平井優子、上床武史、嶋田寿文、萩原のり子、安森弘太郎、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 12(12) : 785 – 791, 2003.
頸部頸動脈狭窄症の診断経緯と治療方針 -脳血管センター連続入院例における解析-
萩原のり子、豊田一則、卯田健、井上亨、井林雪郎、飯田三雄、岡田靖  脳と神経 58(11) : 999 – 1004, 2006.
頭蓋内動脈硬化性高度狭窄に対するステント留置術後におけるCT angiographyの有効性
竹本光一郎、卯田健、井上亨、安森弘太郎、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 16(3) : 215 – 220, 2007.
CEA術前血小板凝集能検査の有用性
中溝玲、井上亨、卯田健、吉川雄一郎、竹本光一郎、矢坂正弘、岡田靖、前田美保子  脳卒中の外科 35(3) : 192 – 197, 2007.
Window-making TCCS methodを用いた頭蓋内血管検出不能症例におけるCEA術後hyperperfusion治療の工夫 – テクニカルノート –
卯田健、井上亨、竹本光一郎、中溝玲、吉川雄一郎、岡村耕一、平田陽子、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 16(10) : 792- 797, 2007.
慢性脳虚血患者におけるSTA-MCA吻合術後の脳血流改善- single bypassとdouble bypassに差はあるか –
佐山徹郎、井上亨、卯田健、藤本茂、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 17(7) : 533 – 537, 2008.
頭蓋底静脈の外科解剖
勝田俊郎、松島俊夫、卯田健  脳神経外科ジャーナル 17(10) : 738- 744, 2008.
腎不全症例に対するCEA
井上亨、卯田健、中溝玲、森恩、岡村耕一、平田陽子、湧田尚樹  The Mt. Fuji workshop on CVD 26 : 32 – 36, 2008.
椎骨脳底動脈を除く非出血発症頭蓋内動脈解離の画像所見の経時的変化と治療成績の検討
中溝玲、吉川雄一郎、井上亨、卯田健、平田陽子、岡村耕一、矢坂正弘、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 18(1) : 44 – 55, 2008.
椎骨脳底動脈を除く非出血発症頭蓋内動脈解離の画像所見の経時的変化と治療成績の検討
中溝玲、吉川雄一郎、井上亨、卯田健、ほか  脳神経外科ジャーナル 19(1) 44 – 55, 2009
急性ステント内血栓症により閉塞をきたした頸動脈ステント留置術の1例
竹本光一郎、岩朝光利、卯田健、ほか  脳神経外科ジャーナル 18(4) 305-311,2009
未破裂脳底動脈瘤の自然経過と外科治療.
竹本光一郎、井上亨、卯田健、ほか  脳神経外科ジャーナル 18(9) 681-686,2009
経時的な増大を示した疼痛発症の非出血性椎骨動脈解離性動脈瘤に対し血管内治療を施行した1例.
河野健一、卯田健、詠田眞治、ほか  脳神経外科速報 38(5): 437-440,2010 19(10): 1182-1187, 2009
可動性プラークを有する内頸動脈狭窄症に対し急性期頸動脈内膜剥離術(CEA)を行った2症例.
芳賀整、河野健一、森恩、卯田健、ほか  脳神経外科速報 19(1):88-92, 2009
当施設における頸動脈剥離術後10年の長期予後.
芳賀整、卯田健、河野健一、ほか  脳神経外科 38(5): 437-440,2010
ガイディングカテーテルの保持にgoose neck snareを使用し非破裂血栓化巨大椎骨動脈瘤に対する塞栓術を施行した1例.
芳賀整、河野健一、森恩、卯田健、ほか  脳神経外科速報 19(1):88-92, 2009
頭蓋頸椎移行部の硬膜動静脈瘻による頸髄症の1例
三好安、谷脇考恭、荒川健次、山田猛、卯田健、井上亨、吉良潤一  臨床神経学 39(8) : 836 – 841, 1999.
後頭蓋窩血栓化動脈瘤に対する複合治療-Ligation and embolization method-
卯田健、井上亨、勝田俊郎、安森弘太郎  脳神経外科ジャーナル 9(8) : 556 – 560, 2000.
側頭骨亜全摘を行った外耳道原発扁平上皮癌再発進展例
一ツ松勤、卯田健、井上亨、鳥巣利奈、益田明典、森成一郎、勝田俊郎  脳神経外科速報 12(6) : 434 – 439, 2002.
腰仙部先天性皮膚洞術後4年目に硬膜内類皮腫の出現を認めた1例
森本光昭、卯田健、井上亨、一ツ松勤、矢加部茂  脳神経外科速報 12(7) : 509 – 513, 2002.
遠位部内腔虚脱をきたした内頸動脈起始部高度狭窄症の1例ー特に経口腔頸動脈エコーの有用性についてー
鳥巣利奈、一ツ松勤、井上亨、卯田健、鴨打正浩、岸川和裕、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 11(11) : 729 – 733, 2002.
Tandem lesionを伴う内頸動脈狭窄病変に対する血行再建術
卯田健、井上亨、一ツ松勤、安森弘太郎、岡田靖  NEUROLOGICAL SURGERY脳神経外科 31(1) : 63 – 67, 2003.
対側内頸動脈と一側椎骨動脈の閉塞および他側椎骨動脈瘤を伴った内頸動脈海綿静脈洞部巨大動脈瘤の1例
鳥巣利奈、一ツ松勤、井上亨、卯田健  脳神経外科ジャーナル 12(2) : 117 – 123, 2003.
気道閉塞をきたし緊急気管切開を要した頸部巨大内頸動脈瘤の1例
安部洋、卯田健、井上亨、一ツ松勤、益田明典  脳神経外科ジャーナル 12(3) : 179 – 184, 2003.
頸部内頸動脈偽閉塞症に対する頸動脈血栓内膜剥離術 ー手術適応と術中Dopplerの有用性についてー
卯田健、井上亨、一ツ松勤、安部洋、鳥巣利奈、岡田靖、吉永明彦  脳神経外科ジャーナル 12(8) : 570 – 574, 2003.
頸動脈血栓内膜剥離術後に過灌流症候群を呈した1例 ー術後脳循環評価と周術期管理についてー
卯田健、井上亨、藤本茂、一ツ松勤、安部洋、岡田靖、小林良三、吉永明彦  脳神経外科ジャーナル 12(10) : 695 – 700, 2003.
未破裂動脈瘤クリッピング術後に増大し血栓化巨大中大脳動脈瘤となった1例
井上亨、勝田俊郎、卯田健、左村和宏  脳卒中の外科 33(4) : 240 – 243, 2005.
開腹手術を契機に第三脳室開窓術を行い35年前に設置された脳室腹腔シャントを抜去しえた1例
鳥巣利奈、一ツ松勤、卯田健、安部洋、井上亨、岡一成 脳神経外科ジャーナル 14(8) : 522 – 526, 2005.
内視鏡下第三脳室開窓術後3年目に再手術を要した松果体部germinomaの1例
松野左和子、佐山徹郎、井上亨、卯田健、八尋龍巳、岡一成  脳神経外科ジャーナル 14(10) : 646 – 650, 2005.
頭蓋筋膜炎の1成人例
外間政朗、卯田健、井上亨、佐山徹郎、八尋龍巳、森成一郎、稲村孝紀  脳神経外科ジャーナル 14(10 ) : 651 – 654, 2005.
Gore-TexR membraneを用いたPatch法により良好な長期的予後を得た特発性脊髄ヘルニアの1例
平田陽子、中溝玲、井上亨、卯田健、保田宗紀、安森弘太郎  脳神経外科ジャーナル 15(8) : 577 – 583, 2006.
頸部内頚動脈の長区域狭窄病変に対する複合的血行再建術
卯田健、井上亨、安森弘太郎、上杉憲子、竹本光一郎、中溝玲、保田宗紀、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 15(9) : 647 – 651, 2006.
静脈洞交会部・硬膜動静脈瘻に対し、direct sinus packingを施行した1例
竹本光一郎、卯田健、井上亨、安森弘太郎、佐山徹郎、八尋龍巳、吉川雄一郎、名取良  脳神経外科ジャーナル 15(6) : 457 – 462, 2006.
頸部内頸動脈 long stenotic lesionに対する一期的複合血行再建術
平田陽子、卯田健、井上亨、中溝玲、安森弘太郎、岡田靖  The Mt. Fuji Workshop on CVD 25 : 115 – 119, 2007.
放射線照射に起因したと思われる頸動脈病変を伴う脳梗塞の1例-経口腔頸部血管超音波検査(TOCU)の有用性-
七田崇、緒方利安、矢坂正弘、卯田健、井上亨、井林雪郎、飯田三雄、岡田靖  脳卒中 30 : 500 – 504, 2008.
頭痛で発症した舌下神経管内硬膜動静脈婁の1例
長柄裕子、河野祐治、卯田健、井上亨、吉良潤一神経内科 68(5) : 463 – 466, 2008.
Interventional Neuroradiology
後藤勝彌、卯田健  脳神経外科レビュー 5 : 315 – 328, 1997.
海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻-Dural Arteriovenous Fistula of the Cavernous Sinus-
卯田健  脳神経外科速報 8(11) : 869 – 873, 1998.
後頭蓋窩虚血性脳血管障害における血行再建術ー脳血管内手術か、バイパス術か??
卯田健、井上亨  脳神経外科速報 10(12) : 987 – 991, 2000.
脳卒中における脳血管内治療
卯田健  KMC NEWS 7月(12) : 5, 2000.
脳血管内治療の現状と将来展望
卯田健  九州医事新報 5月(459) : 6, 2000.
頸動脈内膜剥離術の術前評価における経口腔頸部血管エコーの有用性
井上亨、岸川和裕、一ツ松勤、卯田健、今村剛、鴨打正浩、岡田靖  脳虚血の診断と治療 The Mt. Fuji Workshop on CVD 19: 155 – 157, 2001.
腹腔鏡を応用した水頭症に対するシャント術
西由起子、一ツ松勤、鳥巣利奈、衛藤逹、安部洋、卯田健、井上亨、矢加部茂  脳神経外科ジャーナル 12(7) : 490 – 495, 2003.
脳血管障害の血管内治療(2)脳動脈瘤塞栓術と頸動脈ステント留置術
卯田健、井上亨  医療 57(11) : 680 – 682, 2003.
Paraclinoid aneurysmの外科治療ー前床突起切除における骨削開用超音波手術装置(ソノペット)の有用性-
井上亨、卯田健、佐山徹郎、勝田俊郎、佐藤裕一郎、Albert L. Rhoton Jr.  第18回微小脳神経外科解剖セミナー講演集 : 71 – 75, 2005.
STA-MCA吻合術における皮弁壊死の回避
勝田俊郎、中垣博之、卯田健、佐山徹郎、井上亨、岡田靖、一ツ松勤、鳥巣利奈  第24回The Mt. Fuji Workshop on CVD講演集  脳卒中のチーム医療 -EC-ICバイパスの夜明け- 24 : 101 – 103, 2006.
頸動脈病変と冠動脈病変
岡田靖、豊田一則、嶋田寿文、陣内重郎、安森弘太郎、卯田健、井上亨  脳卒中 27(4) : 521 – 524, 2006.
頸部頸動脈および頭蓋内動脈の経皮的血管形成術
安森弘太郎、卯田健、竹本光一郎、村中光、井上亨、岡田靖  臨床放射線 51(11): 1335 – 1344, 2006.
内頸動脈偽閉塞症(Atheromatous Pseudo-Occlusion)に対する治療戦略と転帰
岡村耕一、卯田健、井上亨、中溝玲、平田陽子、安森弘太郎、矢坂正弘、岡田靖  脳神経外科ジャーナル 17(22) : 857 – 864, 2008.
頚部脳血管の狭窄性及び拡張性病変のステント治療法に関する研究
後藤勝彌、卯田健、緒方登  狭窄及び拡張性血管病変のステント治療法の研究報告書