頭痛・片頭痛
頭痛専門医が総合的に頭痛診断します
診断
・頭痛に関しての問診票
・神経学的診察
・頭部MRI検査 必要時その他検査
治療
・頭痛診断に基づき頭痛の原因や起こり方をわかりやすく説明します。
・必要な場合はそれぞれの頭痛に適した薬で治療します。
・慢性化している場合は頭痛ダイアリーをつけていただき頭痛の誘因を探り治療効果を見ながら適切な治療を行います。
・服薬治療と同時に頭痛の減らし方の指導を行い頭痛で悩まないでいいようになることを目指します。
頭痛診断

おとなの頭痛

頭痛はつらい症状です。その頭痛我慢しないで!
寝込むほどの重度の頭痛でも「いつものことだから」とあきらめていませんか?一人で何とかしようと頑張らなくていいんですよ。

・脳腫瘍や脳出血などかもしれないと心配している方
・頭痛の原因を知りたい方
・検査で異常はないと診断されたけど頭痛がよくならない方
・頭痛に悩まされているけど上手に対処ができずこじらせてしまっている
・市販の薬を服用しても効かない方

「たかが頭痛」と思わず、まずは頭痛の専門医に相談することをお勧めします。
おとなの頭痛

一次性頭痛

片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、原因となる疾患がないのに起こる頭痛。繰り返し頭痛が起こる。
本人がつらいと感じて、生活に支障があれば治療の対象です。

二次性頭痛

くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、髄膜炎などに伴う頭痛。何らかの器質的疾患があるために二次的な症状として起こる頭痛です。見逃せば生命にかかわるような疾患が原因の場合もあります。
二次性頭痛を疑うポイント
□突然の頭痛
□今まで経験したことのない頭痛
□いつもと様子が異なる頭痛
□頻度と程度が増していく頭痛
□50歳以降に初発の頭痛
□運動麻痺や複視など神経症状を伴う頭痛
□発熱や首が硬くなる症状を伴う頭痛

片頭痛は次のような特徴のあるつらい頭痛です

・時々起こるが、普段は元気。週に2回から月に1回程度起こる
・痛みは4時間から72時間持続する
・頭の片側(または両側)や目の奥などがひどく痛み ずきずき脈打つような痛みや締め付けられるように痛むことがある
・吐き気を伴うことが多くひどいと嘔吐する
・頭を動かしたり家事や歩いたりする日常動作で響いたり痛みが悪化する
・ひどいときは寝込むほどの頭痛になり日常生活に支障がある
・部屋の明かりや周辺の光が気になりテレビの音や人の声などの音やにおいが気になる(光過敏・音過敏・におい過敏)
・前触れとして頭痛が始まる前に肩やくびが張ってきて眠くないのに生あくびがでたりする。視界にキラキラ、ギザギザ光るものが見えて視界がぼやける症状がでることがある
上記特徴がかなり当てはまる方は片頭痛です。
片頭痛はつらい病気です。
頭痛女子:女性の片頭痛
30歳代女性の5人に1人が頭痛で悩んでいます!
皆さん仕事がハードだったり、責任ある立場だったりで、市販の頭痛薬を飲んで何とか乗り切っています。家族と過ごす休日に頭痛がして、鎮痛薬を飲んで無理に動いている人もいるでしょう。
また女性ホルモンの変動と関連が深くライフステージに伴って片頭痛も変化していきます。月経時の強い頭痛は片頭痛の可能性がありますが、「仕方ない」とあきらめている女性も多いようです。
あきらめずに専門医に相談してください。
検査で異常がないためそのままにされたり、頭痛の診断があいまいなままだったり、鎮痛薬で様子見るように言われたりして我慢していませんか。現在では片頭痛の特効薬トリプタンのおかげでそれを正しく服用することで上手に対処でき頭痛で困らなくなりうまく付き合うことのできる病気になりました。
生活指導と頭痛を減らす方法
頭痛は日常生活の様々な外的・内的刺激により起こります。
自分の頭痛の誘因を見つけて対処することがポイントです。
意外と知らない片頭痛の誘因リスト
ストレス、緊張が解ける脱緊張、肩こり、月経、パソコン・スマホ、人込み、低気圧、温度差、空腹、飲酒(アルコール)、特定の食べ物、旅行、騒音、まぶしい光、強い匂い、睡眠不足、寝すぎなど
片頭痛は脳の感受性が高いので様々な誘因が重なって起こります。
毎日の生活をちょっと変えるだけ!毎日の生活で頭痛を予防しましょう!
■忙しくて疲れすぎる前に一息入れて、ストレスコントロール!
家事や育児あるいは対人関係や仕事など心身のストレスは片頭痛のもと。ストレスから解放された時も注意が必要。一息入れる余裕も必要。ストレス解消になる運動など日ごろからストレスをためないような工夫を。

■食事は朝食抜かず一日三食 規則正しい食事
空腹になると血糖値が下がり、片頭痛が起こりやすくなります。食事の間隔を開けすぎないように心掛けて片頭痛の予防を。

■寝不足、寝すぎにならないように
忙しくても睡眠時間は確保する工夫を。疲労やストレスを軽減してくれます。寝すぎでも頭痛は起こるので気を付けて!

■頭痛体操で片頭痛を減らす!
頭痛体操やリズム運動や有酸素運動は片頭痛と関連のあるセロトニン神経を鍛えてくれます。ストレス解消にもなります。

気を使いすぎの対人関係や自己評価を下げたりネガティブ感情を持っていると「痛み」をより強く感じてしまうため、正しい対処法を知って頭痛を楽観的に考えましょう。

緊張型頭痛

・持続する
反復性緊張型頭痛は1か月に15日未満、慢性緊張型頭痛は毎日のように起こる
・頭の両側か頭全体、後頭部が痛む
・ぎゅっと締め付けられるような痛み、重苦しい鈍痛
・吐き気はあっても実際吐くことはない
・体を動かすと少し楽になる

群発頭痛

・群発的に起こる
・1~2か月間に集中してほぼ毎日起こる
・痛みは15分から3時間続く
・必ず頭の片側が痛む
・目の奥がえぐられるような激痛
・目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある
・痛くてじっとできない

医療機関でできる治療があります。専門医にご相談ください。

薬の飲みすぎで起こる頭痛かもしれません!

頭痛薬を飲んでいるのに効かなくなってきた。市販の鎮痛薬を飲んでいるのに痛みが軽くならずに頭痛の頻度が多くなっている場合に「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」の可能性があります。月の半分以上頭痛があり鎮痛薬を10日以上服用している場合は早めに頭痛の専門医に相談してください。

・頭痛が1か月に15日以上
・最近早朝の頭痛や頭痛頻度が増えた
・頭痛薬の効きが遅く、すぐに頭痛がぶり返す
・頭痛薬を3か月以上定期的に飲んでいる
・頭痛に対する不安から予防的に鎮痛薬を飲んでいる

これらに当てはまる場合、「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」の可能性があります。

頭痛専門医の受診をお勧めします。服薬指導が必要です。
鎮痛薬の飲みすぎないようにしましょう!
鎮痛薬を予防的に飲むのは避けましょう!

こどもの頭痛:小児・思春期の頭痛

お子さんが頭が痛いと泣きながら訴えるとご両親は心配になりますよね。ましてや頭痛があるときに嘔吐したり、頭痛で学校に行けなかったりしていませんか?当院でご両親の頭痛を診ているとお子さんの頭痛で相談に来られることも多いようです。
風邪や発熱に伴う頭痛のこともあるのですが、最近はそうでない子供の頭痛が増えています。保健室で休むほどの頭痛でもケロッとよくなったり、表現力に乏しい子供たちの頭痛は軽く考えられてしまう傾向があります。
頭痛外来を受診するこどもの頭痛はやはり片頭痛が多く、治療に難渋することが多い慢性連日性頭痛(慢性緊張型頭痛あるいは慢性片頭痛)です。
こどもの頭痛

小児片頭痛の特徴

・頭痛があっても短時間寝るとケロッと軽快することが多い
・必ずしも片側ではなく両前頭部を痛がることが多い
・緊張型頭痛様の痛み方の訴えのこともある
・小さいころは腹部症状の訴えがあり片頭痛に移行していくことあり
・乗り物酔いしやすい傾向があり
・ご家族が片頭痛であることが多い

片頭痛は小学生までは比較的軽い頭痛でも、中学生以降の思春期では成人と同じく生活支障度の高い頭痛が多くなります。小児の頭痛も誘因がありストレス、精神的緊張、炎天下での運動、天候変化、月経周期、空腹、食品などさまざまです。緊張やストレスは、実際にはそれらから解放された時(脱緊張期)に起こりやすく試験や試合が終わった時に頭痛の訴えがあることもあります。
規則正しい食生活や睡眠リズムが頭痛管理に有用であり、誘因を避けて生活リズムを整えることは重要です。頭痛が慢性化し難治化する併存症として心身症や自閉スペクトラム症があります。
こどもの片頭痛も適切な治療が必要ですので頭痛専門医を受診することをお勧めいたします。

難治な慢性連日性頭痛

もともと片頭痛を経験しているお子さんが思春期になって何らかのストレスがかかり頭痛が慢性化してくることがあります。強い頭痛が月15日以上起こり、生活に支障をきたすことが多くなります。この慢性連日性頭痛は心理社会的要因が関与し、薬物治療に抵抗し難治です。
慢性化の要因には、もともとの患児の性格や学業の問題、学校や家庭における人間関係の葛藤などがあります。中学生からが要注意で、学業の問題では、小学生高学年から熟通いをし、中学受験をして入学後成績が振るわなくなり頭痛で登校できなくなったりします。また、きびしいスポーツの部活や規律の強い吹奏楽部などで慢性緊張状態が持続し慢性頭痛になることもあるようです。また、まじめで反抗期のない、いわゆるよい子が小学校より厳しい中学で先生や友達との人間関係をうまく築けないことから環境に適応できず強い頭痛を訴え不登校になったりします。家庭の問題では家族の不仲や親の過干渉が原因のこともあります。急にストレスがかかったり、長い間のストレスが何かをきっかけに表面化して頭痛が慢性化します。ときどき起立性調節障害が併存していることもあり注意が必要です。
当院では子供の頭痛診療も行っております。まずはご相談ください。
精神疾患が併存していなくても頭痛が慢性化し繰り返し訴える場合は生活指導などの非薬物療法が重要なこともあります。患児に起きている小さな変化をとらえ保護者と共有し、少しずつ頭痛があってもやれることを行ってもらい喜びほめていくこと(支持的精神療法)を行います。そうすることにより自己評価が下がらないようにしていく必要があります。