物忘れ・認知症
物忘れでお困りの方は相談してみてはいかがですか?
認知症は、加齢に伴い生じる高血圧などと同じようによくある病気です。
厚生労働省の発表では、65歳以上の約7人に1人は認知症で、2025年には高齢者数の増加に伴い約5人に1人が認知症になるといわれています。
物忘れ

物忘れ外来でどのようにして診断するのですか?

認知症診断のためにふさわしい質問や会話を通じて診断に必要な情報を得ます。付き添いの家族と本人に、症状や最近の生活の様子や飲んでいる薬などを聞きます。メモしておくとよいでしょう。身体所見を取るために神経学的診察を行います。長谷川式簡易認知症テスト(HDS-R)や、Mini-Mental Stae Examination(MMSE)などの記憶力や脳機能を判断する簡単なテストを行います。頭部MRI検査を行い脳の病状を画像診断し萎縮の程度なども評価します。必要時採血も行います。画像診断のみでは認知症診断はできません。臨床像全体をみて診断していきます。

認知症とは?

認知機能に障害があり生活に支障をきたす状態の脳の病気のことをいいます。認知症は基本的に脳の物質的な異常が原因となって起こる記憶障害(物忘れ)を主体とする病気です。その他に思考や判断力が低下したり、見当識が失われるといった認知機能障害が後天的に起こります。これらが6か月以上続くことも定義の一つです。さらに重要なことは物忘れやその他の症状が原因で社会生活や日常生活に支障をきたしている状態であるといことです。

加齢による物忘れ?それとも認知症?

年老いた身内が「昨日の夕食何食べたっけ」というようなことを言ってくると、「認知症かな」と心配になりますよね。「夕食をメニュー」ではなく「夕食を食べたこと自体」を忘れてしまうような物忘れが出たら、認知症疑いが強くなります。本人が忘れたこと自体を認識できていない様子が見られる場合は、病院に行くタイミングだなと思ってください。

認知症は治らない病気ですか?

認知症の症状を引き起こす病気は70種類以上あるといわれています。認知症の治療において、最初の診断はとても重要です。治療によって完治できる認知症もありますが、ほとんどの認知症は現在の医学では治すことができません。ただし進行を遅らせることはできます。

認知症の原因疾患が下記の場合完治できる可能性があります。

正常圧水頭症

脳室と呼ばれる髄液のたまっている場所が大きくなり脳を圧迫して起こります。認知症症状と歩行障害と尿失禁が特徴的な症状です。髄液を腹腔内に流してあげるシャント手術でよくなる可能性があります。

慢性硬膜下血腫

頭の打撲やケガなどの1~3か月後にゆっくりと頭蓋骨硬膜の内側に血がたまり血腫となり脳を圧迫することで起こります。30分程度の手術で血腫を洗い流すことで劇的に改善します。

脳腫瘍

脳にできた腫瘍により圧迫されて起こります。手術により治療可能です。

甲状腺機能低下症

新陳代謝を促すホルモンの低下で起こります。薬物療法が有効です。

ビタミンB1、B12欠乏症

ビタミンB1、B12が欠乏して起こります。薬物療法が有効です。

薬剤の副作用

ステロイド剤、胃潰瘍の薬などの副作用で起こります。薬剤を見直す必要があります。
認知症の症状に気が付いたら、すぐに医師に相談することが大切です。

認知症はどんな種類があるのですか?

認知症の原因になる病気はたくさんあるなかで最も多いのはアルツハイマー型認知症です。ほとんどの認知症は神経変性疾患あるいは脳血管障害が原因とされておりアルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症が多く三大認知症と言われています。そのほかに前頭側頭型認知症があります。物忘れ外来ではそれらを鑑別してそれぞれにふさわしい治療を検討していきます。

アルツハイマー型認知症の特徴は?

・探し物が多い、同じことを何度も聞き返す(近時記憶障害)
・朝食の内容や昨日の行動が答えられない(エピソード記憶障害)
・日付や場所がわからない(失見当識)
・掃除の仕方や鍵の開け方がわからない(手段的ADLの障害)
・物忘れを取り繕うような言動がある(取り繕い)

認知症の症状は大きく2つに分けられます。
脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状を「中核症状」、本人の性格や環境などが絡み合って生じる二次的な症状を「行動・心理症状(BPSD)」といいます。

中核症状:記憶障害・実行機能障害・失見当識障害・理解・判断力低下
行動・心理症状(BPSD):幻覚・妄想、不安・焦燥、徘徊、興奮、暴力、不潔行為、うつ

認知症と診断されたら、どんなことに気をつけて、準備すればよいですか?

認知症と診断されたからと言って、すぐに生活を変える必要はありません。生活環境を大きく変えると新しい環境に慣れるまで時間がかかったり、混乱したりします。まずは本人の住み慣れた環境やなじみの人間関係の中で、これまで通りの生活を続ける方法を考えましょう。治療の面では、抗認知症薬の服用と持病の適切な管理が大切です。生活面では、介護保険サービスの利用を検討してみましょう。本人の状況や今後の生活の希望を相談して、どのような準備ができるかを考えてみましょう。

認知症と診断されたら、一人暮らしは難しいですか?

認知症があっても一人暮らしをしている人はたくさんいます。むしろ、できることは自分で行うほうが、身体機能維持や本人の自信になります。初期の段階では大事なことはメモに残すなど、生活の工夫で一人での生活を続けることができます。また、介護保険サービスを利用することで、通所サービスでは他者との交流の機会を持つことができますし、訪問サービスでは生活のなかで難しいことに支援が受けられます。本人の望む暮らしの実現のために、様々な手立てが考えられます。早い段階から本人の意向を確認し、健康で安全に暮らせるように、介護サービスや家族・地域の見守りなど、必要なサポート体制を整えましょう。