めまい
診断
・めまいに関しての問診
・神経学的診察
・頭部MRI検査
・重心動揺検査
総合的にめまい診断をします
治療
めまい診断に基づきめまいの原因や起こり方などをわかりやすく説明し不安を解消できるように努めます。必要な場合はそれぞれのめまいに適した薬で治療します。安静が必要な場合を除き平衡機能訓練や理学療法をお勧めすることがあります。
重心動揺計

めまいでお悩みの方へ

めまいの症状でぐるぐる回る、ふらふらする、くらっとするはどうして起こるの?めまいで悩んでいる方にとっては深刻でうっとうしい症状で頭の中で何か起こっているんじゃないかと心配になり、”なんとかしてほしい”と病院を転々としている方も少なくありません。
おとなの頭痛

なぜめまいがしたりふらふらするのか?

体のバランスは3つの異なる感覚器からの信号をキャッチし、脳がこれらを統合することで空間における自分の身体の位置関係などを認識しています。
からの情報
にある前庭(平衡感覚器)が頭の動きを感知
足裏からの情報(体性感覚)
によって今自分がどこにいてどのように動いているかを感知します。脳特に小脳はこれらの3つの感覚器からの情報を統合して制御しています。これらの1つでも異常をきたすとめまいを感じることになるのです。どの部位が障害されてもめまいはおこりますが多くはこの前庭の機能低下や障害によって起こります。
平行感覚器がうまく機能しないと急に振り返ったり下を向いたりした際にめまいを感じます。乗り物に乗っているときにも感じるかもしれません。人込みなどで回りが動いている状況でもめまいを感じる可能性があります。

めまいの症状

めまいの症状でぐるぐる回る、ふらふらする、くらっとするはどうして起こるの?前庭は平衡感覚を保つとともにいろいろな神経のネットワークを形成しています。
眼を動かす経路(前庭動眼反射)の障害があると目が回る、ものがぶれて見える、周囲が波打って見えます。
自律神経の経路(前庭自律神経反射)の障害で血圧変動や立ちくらみのような症状や乗り物酔いのような症状で吐き気、冷や汗などが生じます。
脊髄の経路(前庭脊髄反射)で首の筋肉や腰、足の筋肉まで神経が伝わっており肩こり頭痛、動くときに左右に片寄ったりふわふわしたりします。

めまいの種類

脳によるめまい

脳卒中が原因の場合
急性に起こる脳によるめまいは小脳や脳幹と呼ばれる部位の脳梗塞や脳出血などの可能性があります。めまい以外の症状を伴うことも多く、頭痛や片側の手足が動きにくい、半身の感覚がおかしい、物が二重に見える、しゃべりにくいなどの神経症状を伴うことがあり意識障害を伴う場がもうろうとする場合は緊急の対応が必要です。めまいで始まり遅れて意識障害や手足のまひが出現するような重症の脳卒中のこともあり要注意です。高齢者・高血圧・脂質異常・糖尿病などがある方は注意が必要です。
原因はさまざま、慢性的なめまいふらつき
難聴を伴い徐々にふらつきが出現する場合に聴神経腫瘍などの脳腫瘍の可能性もあります。水頭症を伴う脳腫瘍などで歩行障害をふらつきと感じている場合もあります。また、脳幹や小脳などの中枢神経の変性が原因で現れることがあり、その代表的な病気は脊髄小脳変性症です。気になる方は専門医を受診することをお勧めいたします。

耳によるめまい

良性発作性頭位性めまい 
寝るとき起きるとき、寝返りなど一定の頭位で回転性めまいが生じます。数秒から数十秒で治まります。耳石が三半規管に入ることで起こるといわれています。難聴や耳鳴はありません。
メニエール病
反復性めまいで蝸牛症状(難聴・耳鳴)を伴います。
前庭神経炎
感冒などによるウイルス感染で前庭神経が炎症を起こし強い回転性めまいが数日間起こります。難聴や耳鳴はありません。後遺症としてその後ふわふわする感じが持続することがあります。
突発性難聴 その他

その他のめまい

失神性めまい
血圧が下がりすぎると気を失うか、ふらふらして立っていられなくなることがあります。血圧があまりにも低くなりすぎると脳の血流が減って平衡機能がうまく働かなくなるとふらふら感が出現します。立ちくらみは起立性低血圧などによって脳血流が一時的に減るために起こる瞬間的なめまいです。神経の反射で起こったり、自律神経の調子が悪かったり、薬の影響などでも起こることがあります。
心因性めまい
じっとしていてもいつもふわふわ、ふらふらする感覚がある。歩くとふわふわ雲の上を歩いているような感じがする。明らかな原因がないのに、座っていても、じっとしていてもふわふわしている感じがする場合には心因性めまいの可能性があります。一般的には抑うつ状態や不安な気分になっていることが多いのですが、これらの精神症状が出現せず、めまいだけが前面にでることがあります。抗うつ薬などの服薬加療で徐々によくなることがあります。適度な運動や睡眠、笑顔が大切です。
頚性めまい
後頚部の筋肉の緊張が強いときにめまいが起こることがあります。頸椎の変形や並び方が影響していることがあります。ふらふら感が出やすく時に回転性の要素が加わります。首の筋肉は肩や頭の筋肉と連動することがあり肩こりや頭重感を伴うことも多いようです。筋緊張を緩和する薬でよくなることがあります
緊張型頭痛に伴うめまい
片頭痛関連めまい(前庭性片頭痛)
時々めまいの発作が起こり、その後ふわふわする感じが数日持続することがあります。若いころから片頭痛があったり、または、めまいの前後に頭痛が起こります。耳鳴りとか耳が聞こえにくいといった耳の症状を伴うことがあります。
加齢性平衡障害
高齢者にふらふら感で悩む方がいらっしゃいます。 色々な検査をしても大きな異常がなく頭の検査でも年齢相応の変化程度のこともあります。 

ちょっと一言

めまいとストレス

めまいの診療をしているとめまいの患者さんは不安を抱えて受診されることが多いようです。ひどいめまいは天と地がひっくり返るようなめまいが起こるのですから心配になって当然です。何かのめまいを発症した際に突然のことでの不安、めまいが治らないことでストレスになりうつ状態になることがあります。このような心理因子が平衡機能障害を悪化させめまいが悪化するという悪循環に陥ります。

片頭痛関連めまい(前庭性片頭痛)

当院を受診するめまいの患者さんで片頭痛関連めまい(前庭性片頭痛)の方が多いように思います。耳鼻科での受診で耳は異常がないよ、脳の検査もしておいたらといわれ受診する人、メニエール病として治療を受けている人、めまいで受診した際に頭痛もちが判明した方など様々です。片頭痛の方はめまいを起こしやすいことが知られており、頭痛とめまいが同時期に起こっていることが問診でわかったり頭痛ダイアリーの記録でわかったりすることがあります。抗めまい薬の効果があまり実感できなかった方が片頭痛の予防薬で頭痛もめまいも改善していくことを経験します。患者さんは耳鼻科でめまいのことを話され脳外科で頭痛の診療を受けたりしているため片頭痛関連めまい(前庭性片頭痛)が見逃されている可能性があるのかもしれません。