脳卒中
脳卒中にどのような思いをお持ちですか?当院を受診される多くの方が脳卒中を心配されています。脳卒中は日本人の死因の上位で寝たきりになる疾患の第1位なのです。私たちが最も想像したくない自分の老後、それは「寝たきりの自分」ではないでしょうか?いつまでも若々しく笑顔で過ごすそんな老後を実現したいものです。当院は脳卒中を予防することに力を注いでいます。そのためには生活習慣病の管理が必要です。

脳の組織が壊れる脳卒中には
・脳の血管が詰まって起こる脳梗塞
・血管が破れて出血する脳出血くも膜下出血
があります。

脳卒中の5つの症状

□片側の手足・顔面半分の麻痺・しびれがおこる(手足のみ、顔のみの場合もあります)
□ろれつが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
□片方の眼が見えない、視野の片側が欠ける、ものが二重に見える
□力があるのに立てない、歩けない、ふらふらする
□経験したこのないような激しい頭痛がする

突然起こる症状に要注意です!

くも膜下出血とは

くも膜下出血は「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管にできた瘤(こぶ)が破裂することでおこります。激しい頭痛や意識障害や呼吸障害が起こり、命にかかわることも少なくありません。
高血圧・喫煙・過度の飲酒は危険因子です。

脳出血とは

脳出血は主に「高血圧」が原因で脳の内部の血管(穿通動脈)が破れます。血の塊が脳の内部にでき脳の組織を圧迫して破壊します。麻痺などの神経症状が出ることが多く、場合によっては意識障害が出ることもあります。
高血圧が原因で過度の飲酒も危険因子です。

脳梗塞とは

「ラクナ梗塞」・「アテローム血栓性脳梗塞」は脳の血管が動脈硬化で狭くなって起きます。「心原性脳塞栓症」は脳の外から流れてきた血栓が脳の血管に詰まって起こります。心房細動などの不整脈や心疾患が原因で起こり、梗塞巣が大きく、最も重症になりやすいタイプです。

【脳梗塞を引き起こす因子】
高血圧・脂質異常症・糖尿病・心房細動などの病気や、喫煙・多量飲酒などの生活習慣に注意!
脳梗塞の再発予防 ~3つの柱~
1.血栓の予防
2.危険因子の管理・生活習慣の改善
・高血圧 ラクナ梗塞・抗血栓療法中 130/80mmHg未満
脳の太い血管が細い場合 140/90mmHg未満
・脂質異常 LDL(悪玉コレステロール)120mg/dL未満
HDL(善玉コレステロール)40mg/dL以上
中性脂肪 150mg/dL未満
・糖尿病 空腹時血糖 130mg/dL未満
随時血糖 180mg/dL未満
HbA1c7.0%未満
(これらは糖尿病の患者さんの治療目標と同じ)
・生活習慣の改善  
脳梗塞再発予防において生活習慣改善の柱になるのは、禁煙、節酒、健康的な食事、適正体重維持、運動の5つです。
3.定期検診