脳や首の血管の病気

脳や首の血管の病気

もやもや病

頭の中の血流を供給する主たる血管である内頚動脈(ないけいどうみゃく)が右左両方とも進行性に狭くなったり閉塞していく病気です。頭の中に網のように細かい異常な血管網が生じるもやもや病。こどもや女性に多く原因は不明です。この病気があると脳梗塞や脳出血が起こる危険性が高くなります。

脳動脈解離(かいり)

脳の動脈の壁が裂けて離れた状態になります。血管の内側が裂けて詰ると脳梗塞に、血管の外側に裂けて瘤ができ破裂するとくも膜下出血になります。日本人には椎骨動脈(ついこつどうみゃく)と呼ばれる後ろ側の血管に解離が起こることが多いことが知られています。比較的若い(40歳前後)の男性に多いといわれています。痛みのみで発症することも多く後頭部や後頚部の痛みには注意が必要です。

脳動静脈奇形

硬膜動静脈瘻
頚部頸動脈狭窄 ほか